2011年8月30日火曜日

火祭りの新しい大松明を展示されました♪

世界遺産『熊野』を訪れる多くの人々の目に触れるように、との熊野那智大社の厚意で、今年は神事で用いる12体とは別に、展示のためにもう1体を作って頂きました。



大松明は熊野那智大社有林のヒノキで作られ、直径約45㌢、柄を合わせて全長約1・4㍍、重さ約50㌔の巨大なもの。